Googleカスタマーマッチとは?使い方と注意点を紹介

デジタルマーケティング

2022.07.07

Googleカスタマーマッチとは?使い方と注意点を紹介

Googleが提供しているサービスであるカスタマーマッチをご存知でしょうか。カスタマーマッチを有効に活用することで、より効果的な広告配信ができます。ではそもそもカスタマーマッチとはどのようなものなのでしょうか。ここではカスタマーマッチの使い方や注意点、さらに活用例について説明します。

カスタマーマッチとは?

カスタマーマッチとは自社が持っているメールアドレスや電話番号といった顧客データを活用して、広告のターゲットに設定する仕組みです。住所や電話番号、メールアドレス等の顧客データをリスト化し、Google広告上でオーディエンスとして設定できます。

カスタマーマッチを利用することで、より効率的に広告配信ができるため、ブランドやサービスの認知度アップやコンバージョン獲得などが効率的に行えます。

カスタマーマッチの使い方

カスタマーマッチをGoogle広告で利用するためには、管理画面から設定が必要です。自社にある連絡先情報のデータをGoogle広告の管理画面からアップロードしなければなりません。

顧客データをアップロードするためには、まず管理画面の「ツールと設定」から「オーディエンスマネージャー」を選択します。次に顧客リストを選択し、オーディエンス名を入力します。

その後、顧客データをアップロードしましょう。アップロードするデータは、そのデータの形式に合わせて選択します。このようにリストのアップロードそのものはそれほど難しくありません。

カスタマーマッチを使う際の注意点

カスタマーマッチを使う際には以下の3つの注意点があります。

利用条件がある

カスタムマッチを使う際には利用条件があります。Googleアカウントを持っていて、Google広告を運用していれば誰でも利用できるわけではありません。

カスタマーマッチの利用条件としてGoogleでは、「これまでポリシーを遵守してきた実績があること」「これまでお支払いに関して問題が発生していないこと」といった条件があります。

さらに満たしている基準によって、利用できる機能が変わります。Google 広告で 90 日以上のご利用実績があり、ご利用金額が通算 5 万米ドルを超えているアカウント」は「ターゲティング」設定や「個別の入札単価調整」の機能が利用できます。

顧客データが1000件以上必要

顧客データがあればカスタマーマッチを利用できるわけではありません。ただし1000人分のリストがあったとしても、1000人のGoogleアカウントとマッチするとは限らないので注意が必要です。

最低でも1000件以上なので、かなり多くの顧客データがなければマッチング率は高まらないといえます。

個人情報の扱いに注意する

カスタマーマッチで利用する情報は、自社で収集した顧客の情報です。そのため個人情報の扱いに関しては慎重に行わなければなりません。

Google広告の設定で顧客リストをアップロードしますが、暗号化しないデータをアップロードするのではなく、安全を考慮してハッシュ化してアップロードするべきです。

個人情報の流出は会社の評判を下げるのは間違いありません。個人情報の扱いには充分注意しましょう。

カスタマーマッチの活用例

ではカスタマーマッチを使った活用例としてはどのようなものが考えられるでしょうか。カスタマーマッチはGoogleの広告配信で使える機能です。そのため広告配信を有効に行うことで、売り上げをアップする事業において活用できます。

たとえばECサイトで顧客データを活用すれば、1階しか購入していない顧客に対して、再度購入を促す広告を配信できます。キャンペーン等の連絡には非常に有効でしょう。

他にも店舗に訪れていた顧客に対して、オンラインサイトへ誘導するための広告配信も可能です。このように自社の顧客データと結びつけることで、オンラインとオフラインの融合も可能になってくるわけです。

広告配信の最適化には正確なデータ収集が重要!

ここまでカスタマーマッチの説明をしてきました。カスタマーマッチを活用することで、広告配信が最適化できるのは間違いありません。ただ広告として利用しているのはGoogle広告だけではありません。

店舗であればチラシを活用しているところがあるでしょう。またSNS広告を使っている事業者も多いはずです。その場合、広告全体の最適化が必要です。そのためには、オンラインも含めた正確なデータ収集が必要になってきます。

これらのデータを収集・管理するために、システムの導入も検討してみましょう。